chihiro ishino photography
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Tahllinn_3rd day

毎日とてもタイトなスケジュールで、慌ただしくいろんな場所を回っているので
なかなかblogをかけていないのですが…× 
でも、できるだけタイムリーに感じた事や思った事を
伝えたいなと思って自分の旅日記ノートを見ながらblogを書いていきます。


帰国したらまたいろいろ補足してリンクや情報を書き足して行きたいと思います!
今回の写真はほとんどフィルムで撮っているのでその写真とともにじっくりと。
まずは駆け足ですが、バルト3国日記はまだまだ続きます!


まさかまさか、ここで彼を見る事になるとは…!


ダライラマのスピーチが広場で行われていたので、観光の途中に見に行ってきました。
10年ぶりの訪問なので、みんなとても楽しみにしていたそうです。
大統領との会談もあったようで、次の日のニュースや新聞は彼の事ばかりでした。


観光していると至る所で私の大好きな顔ハメパネルを見かけました。
なんだかシュール!


丘に登ると、街全体を見渡せます。
コフトウッツァ展望台からの眺め!


トップがタマネギ形をした教会はロシア正教会。
アレクサンドル ネフスキー大聖堂。


途中で見かけたポスト!かわいい色合い。


さて、3日目の朝は早起きしてホテルで朝食を食べて海の方へ!
これはバスのチケット。
マシーンにチケットを差し込んで自分で時間を刻印します。


長いバスです!


市内中心部からは10分ほどで海に到着!
バルト海!波はあまり高くなくとても穏やかです。
水はとっても冷たかった!


ヨットハーバーもありました。
つりしてる人もちらほら!


ロシア人のおじさん。何が釣れたのか見せてくれました!
1年間勉強したのに、すっかり忘れてしまったロシア語を使ってみた!
ハラショーとスパスィーバしか通じなかったけど…おじさんはわかってくれたよう。
次回は釣りもしたいな。


楽しみにしていたSPA!
サウナやSPAはたくさんありました。
ストーンマッサージを受けてみる事に。
暖かい石と冷やされた石が用意されているお部屋で、着替えをして待機。


こんな感じで結構熱めの石と背中に着いた瞬間ひやっとするほど冷たい石で
オイルを使いながら交互に石を使いマッサージしてくれました。
終わったあとは体がぽかぽか!


レモン水と右側はキュウリ水!!!
レモンの方がおいしかったです…


マッサージのあとは海辺をお散歩!
釣り人が気になってしまいます…


イベントの前らしくてピリタ修道院はclosedだったのですが、
なぜか団体客はokということで、ツアーの人々に混ざって入れてもらいました。


1407年に建てられ、1577年のリヴォニア戦争で破壊されてしまい廃墟となったそう。
今は壁しかなくて、屋根や窓はありませんでした。とにかく大きい!


窓もこんな風に布で覆われていました。


また海辺に戻ってお散歩!
とてもいい天気で、気持ちよかったです。海大好き。


キラキラ。


お散歩のあとは、海を見渡せるホテルの最上階にあるレストランでランチ。


スープがとってもおいしかった!
何にでもサワークリーム入ってるよってくらいサワークリーム率が高い!
このスープはトマト味でしたが、前の日に余った材料や冷蔵庫にあるものを
何入れたっていいんだよって言ってました。
サワークリームを入れると少し酸味が出るけどマイルドになります。
クリームほど重たすぎず、いくら入れても大丈夫!
パンも独特の味です。ドッッシリだけどふわふわ。。。説明するのが難しい×
日本に帰ったら作ってみます!


中心部にはない、大きな一軒家が目立ちます。
森の中にたくさんの木々とともに建てられている立派なお家。


バスに乗って、次の目的地へ。
市内の方へ向かう途中にあるカドリオルグ公園で下車。


バロック建築の大きなカドリオルグ宮殿!


アリスに出てきそうな緑のトンネルを通って、


目的地のクム美術館へ。


設計はフィンランド人の建築家。国立美術館です。
常設展は近・現代アート、それとロシアのペインティングの特別展がありました。


顔だけずらーっと並んだこのお部屋はちょっと怖かった。


様々な歴史の背景のなか、芸術家が絵などの表現に感情をぶつけて伝えたり
物語っている作品が多く見られました。
人々の生活も垣間みれます。
どんな生活をしていたのか、絵を通して感じてきました。


この作品は、EUのVISAを取得するためにEU VISAを持っている事を条件に
旦那さんを探すというプロジェクト。壮絶でした。


様々なテレビに流れる映像。
そういえば作品とは関係ないですが、
エストニア語で乾杯は「テレビセックス」でした!!!


暗闇に光る地球儀。


これは上から水が落ちてくるのですが、文字になって降ってきます。
写真撮るのが大変だった!けど、上手にとれた2枚です!


音が面白かったな、カシャカシャいいながらテンポよく水が降ってくるのが
気持ちよくてしばらく見入ってしまいました。
この部屋にいたみんなで、(みんな知らない人だけど)
落ちてくる文字を読んだりして楽しかった!


公園内を散歩してからクム美術館に向かうのがオススメ!


そのあとは街に戻って、また旧市街を歩きたまたま見つけた
デザインミュージアムへ。
建物はこじんまりとしていました。可愛い階段!


1階ではアイスランドの照明の特別展示をやっていました。
アイスランドにもいつか行ってみたい!


民族衣装の展示や、刺繍、セラミック等エストニアの生活雑貨などが展示されていました。
タリンはフェリーで2時間くらいでフィンランドに行けるほど北欧と近く、
デザインはとても似ていました。木の工芸品や北欧雑貨もたくさん見かけました。


木でできたものが多かったです。


近くにある聖オレフ大聖堂!
登ってみる事にしました。
258段の急な階段はなかなかきつかったです。
これは階段の途中に小さな窓からぱしゃり。


まだまだ…途中。


てっぺんの展望台にやっとつきました!
細い〜こわい〜!


最後にこの絶景!
カメラ4台担ぎながらの階段はとても大変でしたが、
この景色のためにがんばってよかった!


下から見上げると本当に大きいんだよ。
塔の一番上はまでは124m!1267年に建立され、1500年代には
なんと159mまであったそう!
展望台からはタリンの街と海を一望できるので体力のある方はぜひ。
荷物が少なめの日に行った方がいいと思います。私はへとへとになりました…


帰り道、おやつを買いに昨日もきたチョコレート屋さんへ♡


マジパン入りのチョコにハマってしまいました!
癖になる味。


ホテルからはタクシーに乗ってバス乗り場へ!


このバスで、次の国ラトビアのリガへ向かいます!
ビジネスクラス!乗車時に、お水とシリアルバーをくれました。


席は広くて快適!BAIBAと私のmacbookair並べてみました。
やはり旅には小さなパソコンに限る!肩こり解消されました。
でもそのおかげでたくさんカメラ持ってきてしまったんだけれども…!

後ろ向きに進む席だったので、blogを書きながら酔ってしまいました。
少しだけ寝てみようと思っていたのに、疲れていたのか思いのほか
がっつり眠りについてしまい、気がついたら国境を越えるところでした。


森の中をひたすら抜けて行きます。
そしてきれいな夕日は見れました!


エストニアからラトビアまではバスで4~5時間くらい!
しかもwifi完備。すばらしい。
一日に何本もバスが出ているので、便利です。夕方の便で出発したので
真っ暗で街があまりわからなかったけどリガのホテルに無事到着。

リガ日記へ続きます!
Tallinn_2nd day

ラコエヤ広場は青空が似合う!
民芸品やニットのマーケットが出ていました。


この銅像は煙突のお掃除やさん。


金のボタンの部分を触ると幸せになるそうです!

エストニアの人々はこういったジンクスをたくさん信じていて、例えば…
お花を持って行く時は、2つに割れない数、つまり奇数で持って行くそう!
あとケーキを渡す際は、倒してはいけなくて、
もし倒れてしまったら婚期が遅れてしまうと言われているそうです!


コーディネーターのBAIBAとあかねさんとランチ。
あかねさんにはジンクスや歴史等、案内してもらいながらいろいろと教えていただきました!
おいしいチョコレート屋さんも、コーヒー屋さんも!ありがとうございました。


メニューが巨大なビールの形!
ロシア語、エストニア語、英語で書かれていました。


一皿が大きい!


ソーセージとザワークラフト。


こちらはハーブのソーセージ!


そして一緒に飲んでいるのは麦のジュース。ノンアルコールです。


そしてデザート♥
サワークリームが至る所で使われています。
スープやデザートにまで!


マーケットや街ではこんなにたくさん木のカトラリーを買いました!


小さなお土産屋さんがいっぱいあるので、
ウィンドウや看板を見ながら地下のお店などを探検。


気になったのはオーガニックコスメ。
いろんなところにこれが売っていたので試しにミントのフット用クリームを購入。
マッサージするとたくさん歩いて疲れた足がスーッとして気持ちがいいです。


木のおもちゃもたくさんあります。


そして歩いていてたまたま入った古本屋さんで絵本をたくさん購入!


古い切手やお手紙もありました。
ここでポストカードと切手を買って、日本へ手紙を送りました。


広場のすぐ近くにあるおもちゃ屋さん。


すてきな音が聞こえたので、建物と建物の間をはいってみると、小さなスペースが。
中庭ではライブが行われていました。ディナーの前にライブを見る事ができました!


これが今回お世話になったホテル!HOTEL TALLINK
TALLINKは大きなフェリーの会社だそうです。


目の前のviruという大きなショッピングモールの屋上で、野外映画鑑賞!
とても悲しいストーリーでしたが、こんな広々としたところで夕日を見ながらの映画は最高でした!
Tallinn_1st day

2日目は、タリンを散策。
1362年に商人の館として建築された建物。有名な3人姉妹!
中は改装されてホテル&カフェとして営業しています。


旧市街の入り口ヴィル門の前には、お花屋さんが並んでいます。
おうちにお花を飾るためだったり、プレゼント用の花束もありました。
リンゴの季節には、花束にリンゴがささっているそう!


カラフルなお花!


そしてニットの手作り品が並ぶ通り。
デザイナーさんによって柄やデザインがちょっとずつ違うので
じっくり見て回ると面白いです。お値段もお店よりも少しお手頃。
店番しながら編み物をしているおばあさんがいたりするので、お話ししてみると楽しいかも。
城壁の下にお店が並んでいます。


こちらはなんのお店でしょう?
昔はこのマークが目印が目印だったそう。


ハーブがきれいに並べられています。


ヨーロッパで一番古いといわれている薬局です!
エストニア市議会薬局。手前はお店として、奥はミュージアムになっていて
昔のままのお店が残され古いパッケージや薬の瓶が展示されています。


ハーブは乾燥させて、お茶やお薬に。


奥の展示室はまるで時が止まったかのようでした。
丁寧に受け継がれ残されてきたのでしょう。


小さなお薬のパッケージ。デザインや色合いも知れて面白い!


ハーブのお茶やお薬を地元の方々が買いにきていました。


飲むと長生きできるという、15世紀の秘密のスパイスでつくられたワインは
ここでしか買えないみたい!


コーヒーを買ってちょっと一息。


小さくて可愛いコーヒーショップがあちこちにありました!びっくり!
そしておしゃれで可愛い。手作り感たっぷりのお店。


古いチョコレートやコーヒーの缶がディスプレイとして使われていました。
購入したのは、ジンジャーのコーヒー豆。
とうがらし、シナモン、ジンジャー。それぞれ200gで€1.6とお手頃価格。
スーツケースがコーヒーのいい香りでいっぱいになってます。
日本に帰って飲むのが楽しみ!


小さなパティスリやマジパン屋さんが並ぶ通りでは、なかなか前に進めません。
これ全部マジパン!


そしてマジパン入りのチョコレート。
いろんな種類をちょっとずつかって試しました。
手作りのチョコは、本当に美味しい。そしてマジパンは癖になる味!


きれいに餌付けされたマジパンは、結構長持ちで年末くらいまでの賞味期限。


壁にぎっしりと並ぶチョコレートを見てうっとり!


お隣のパティスリーの名前が、‘甘いものに目がない’という意味だそうで
その名の通り甘いもの大好きな私にはたまらない場所でした!


お店の内装はもちろんの事、床や天井に注目してみると面白いです。


とっても豪華!


お土産屋さんにならぶはちみつ。
プレーンなものからハーブ入りやフルーティーなものまで。
冬は紅茶に入れて、夏はソーダ割りにしたり。
ハチミツも生活には欠かせないもののようです。


ハニースティックやバターナイフはジュニパー(ネズの木)でできています。
手に取っただけで木のいい香り。長年使え、味が出てくるのもまた楽しみ。
デザインにもよりますが、ひとつ約€1から。


お土産屋さんには伝統的な衣装と織り機がディスプレイされていました。


これは伝統衣装のベルト部分、お着物でいうと帯の部分。
場所によって柄や色が違うということで、本当にいろんな種類があるみたい。
1mのものから3mくらいのものまでありました。
カメラのストラップなんかにしたら可愛いかなとおもったんだけど…長過ぎでした×
色合いがとても可愛い。もちろん手作りです!


花嫁さんの嫁入り道具入れ。鍵もできます。
刺繍を施したブランケットや、お洋服を大切にこの中に入れてしまっていたようです。
大きな宝箱みたいな形をしていました!


このDのマ−クがある場所は、デザインとして認められている証拠。


自転車がカラフルな毛糸でまかれていました!可愛い!!


Hellina Tilkというデザイナーさんのお店。
食器も大好き。大きめのお皿を2枚購入。
カラフルなお皿なので、食卓が明るくなりそう!


ラコエヤ広場から少し入ったところにあります。


ディスプレイも可愛かった!


ショーウィンドウから中をのぞいて、
気になるお店にはどんどん入ってみます!


こちらは双子のすてきな女性がやっているお店。


美しいジュエリーとともに、お洋服や蜜蝋で作られたキャンドルもありました!


小さいお店の中にきれいに並べられた商品たち。


旦那さんの作る陶芸品も販売されていました。


手作りのアクセサリー!


すてきなピアスを購入しました♥

お買い物日記になってしまいましたが、旅はまだまだ続きます!
just arrived!

東京からフィンランド航空に乗ってまずはフィンランドのヘルシンキへ!!


快適な空の旅でした!


Finair、初めて乗りました。
添乗員さんがムーミンのエプロンしててかわいかった♥


月末に香港に行くので、香港のコメディ映画を見ました。
そしてこの画面を見ているのが好きです。


機内食!ちょっと甘いものが食べたかったので、キットカットは嬉しかったな。
赤ワイン飲んで、少しおやすみしました。


この画面表示、格好良かった。
飛行機ではバルト三国の本をじっくりと読んで
行きたいところ見たいところのリストアップをしていきました。

ヘルシンキまでは約9時間の旅。
ロンドンへはいつも12時間くらいかかるので、それに比べるとすごく楽!
一番近いヨーロッパだそうです。乗り継ぎにはとても便利!


ヘルシンキ空港到着!さっそくでコーヒーを一杯。
そしてタリンへの乗り継ぎフライトまでは1時間位あったので
ショップを回ってみる事にしました。


ムーミンショップ!さっそくのムーミンに一人で大興奮。
marimekkoのお店やIttalaのお店もありました。わくわく。
帰りの乗り継ぎの時は結構時間あがるので、ゆっくりお買い物しようと思います!


少し小さめの飛行機に乗ってタリンへ。
途中で出てきた棒のようなグミ?は衝撃的でした!!!!!!


言葉でうまくいい表せない…ので、お土産で買って帰ります。
パッケージは可愛い♥


たった30分くらい。あっという間!

小さな空港。空港から街までもバスですぐ!あっという間に
タリンに到着です!!!


これがエストニアの国旗。
青、黒、そして白。


バスはぐるぐると市内を回ってホテルに到着。
荷物を置いたら早速街歩きです!


かわいらしい建物、色づかい、所々にきれいに飾られているお花。
なにもかもが初めて!


新しいお店が古い建物に入っていたり、新旧がいい具合に街に溶け込んでいます、
これは最近できたばっかりのBAR。


足下は石畳が続きます。


見た事のない建物にドキドキわくわく。


ちょうど明日ダライラマがスピーチをするそうで、街は賑わっていました。
10年ぶりにエストニアを訪れるそうです。


ドームの中は展示になっていました。


観光客も地元の人も明日のスピーチをとても楽しみにしているようです。


私も時間があったら見に行ってみたいと思います!
まさかエストニアでダライラマに会えるとは…びっくりです。


今回のコーディネートしてくれているBAIBAちゃんが見つけてきてくれた
ダンスのイベント。あちこちでやっているようです。
私たちは図書館の裏のすてきなステージやっているのを見に行きました。


不思議な箱の中に男性が佇んでいます。
音はピアノ。コンテンポラリーダンス。



急に踊りだしたり座ったり寝転んだり。
少し悲しい音とともに、いろいろな感情を表現しているようでした。


お砂糖と絡めたピーカンナッツのお菓子。
伝統衣装を纏った美しいお姉さんが露店で売っていました!
聞いてはいたけど、本当に女性が皆美しい!


広場が本当に大きい!
スケーター&BMX少年が遊んでいました。


初日の夜ごはんはここ!


とても有名で人気なレストラン!!!
隣にはお店で出している食器などを売っているお店もあります。


honey beerを頼んだらこんな容器に入って出てきました!
大きくて飲みきれない!甘くていい香り。とても飲みやすいです。


こちらはジュニパーのチーズ。美味♥
ネズの木です。いい香り。
どっしりとしたパンをつけながらいただきます。
バターのナイフもジュニパーの木で作られています!


ポークとライス。ガーリックのいい香りが漂います。
味付けは濃いめだけどビールとよく合う!そしてスープもいただきました。
お肉や野菜がゴロゴロ、サワークリームが乗っています。重めのパンとピッタリ。

この旅の食事は、本当に楽しみ!!
各国でどんな違いがあるのかな。


テラス席で食べましたが、室内はキャンドルの明かりのみ。
幻想的です。


お手洗いもキャンドル!
ヤカンからお水が出てくる仕組みになっていました。

日本からの長旅だったけど、初日からいろいろ見る事ができて大満足!
おいしいごはんでお腹いっぱい、ほろよいのなかホテルに戻りました。


タリン滞在記はまだまだ続きます!
Tokyo-Helsinki-Tallinn

これから10日間、バルト三国に行きます!!!

Estonia-Tallinn
Latvia-Riga
Lithuania-Vilnius 

名前は聞いたことあったけど、どんな国なんだろう??未知の国。
いろいろな資料や観光ガイドを見ながらとてもわくわくしています! 

'Live Like Locals'

私が旅するときにいつも大切にしていることは、 現地の人の声を聞くこと。
その土地のものを見て聞いて知ること。
とっておきの景色の見える丘だったり、
街のはずれにある小さなマーケットを教えてもらえたら最高!

そして、おいしいごはん屋さんを聞くことも大事。
せっかくなら地元の人が行くようなお店に行きたい。
ガイドブックには載っていないような小さなお店で、 
とびきりの美味しいものにありつけたりするから。 
食は旅の楽しみのひとつです! 

今回の旅はBaltmet promoの企画で、暮らすように旅して
バルト三国でローカルな生活体験をしてきます! 

このblogで随時、旅の報告をしていきます :-) 

まずはフィンランド航空でヘルシンキへ。9時間の旅。
そこから乗り継ぎをしてラトビアのタリンへ向かいます。 

旅の出発前は、毎日これらの資料を熟読! 


いざ出発!! 
まず目指すはEstoniaのTallinn ▶▷▶