chihiro ishino photography
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Tallinn_2nd day | main | Riga_1st day >>
Tahllinn_3rd day

毎日とてもタイトなスケジュールで、慌ただしくいろんな場所を回っているので
なかなかblogをかけていないのですが…× 
でも、できるだけタイムリーに感じた事や思った事を
伝えたいなと思って自分の旅日記ノートを見ながらblogを書いていきます。


帰国したらまたいろいろ補足してリンクや情報を書き足して行きたいと思います!
今回の写真はほとんどフィルムで撮っているのでその写真とともにじっくりと。
まずは駆け足ですが、バルト3国日記はまだまだ続きます!


まさかまさか、ここで彼を見る事になるとは…!


ダライラマのスピーチが広場で行われていたので、観光の途中に見に行ってきました。
10年ぶりの訪問なので、みんなとても楽しみにしていたそうです。
大統領との会談もあったようで、次の日のニュースや新聞は彼の事ばかりでした。


観光していると至る所で私の大好きな顔ハメパネルを見かけました。
なんだかシュール!


丘に登ると、街全体を見渡せます。
コフトウッツァ展望台からの眺め!


トップがタマネギ形をした教会はロシア正教会。
アレクサンドル ネフスキー大聖堂。


途中で見かけたポスト!かわいい色合い。


さて、3日目の朝は早起きしてホテルで朝食を食べて海の方へ!
これはバスのチケット。
マシーンにチケットを差し込んで自分で時間を刻印します。


長いバスです!


市内中心部からは10分ほどで海に到着!
バルト海!波はあまり高くなくとても穏やかです。
水はとっても冷たかった!


ヨットハーバーもありました。
つりしてる人もちらほら!


ロシア人のおじさん。何が釣れたのか見せてくれました!
1年間勉強したのに、すっかり忘れてしまったロシア語を使ってみた!
ハラショーとスパスィーバしか通じなかったけど…おじさんはわかってくれたよう。
次回は釣りもしたいな。


楽しみにしていたSPA!
サウナやSPAはたくさんありました。
ストーンマッサージを受けてみる事に。
暖かい石と冷やされた石が用意されているお部屋で、着替えをして待機。


こんな感じで結構熱めの石と背中に着いた瞬間ひやっとするほど冷たい石で
オイルを使いながら交互に石を使いマッサージしてくれました。
終わったあとは体がぽかぽか!


レモン水と右側はキュウリ水!!!
レモンの方がおいしかったです…


マッサージのあとは海辺をお散歩!
釣り人が気になってしまいます…


イベントの前らしくてピリタ修道院はclosedだったのですが、
なぜか団体客はokということで、ツアーの人々に混ざって入れてもらいました。


1407年に建てられ、1577年のリヴォニア戦争で破壊されてしまい廃墟となったそう。
今は壁しかなくて、屋根や窓はありませんでした。とにかく大きい!


窓もこんな風に布で覆われていました。


また海辺に戻ってお散歩!
とてもいい天気で、気持ちよかったです。海大好き。


キラキラ。


お散歩のあとは、海を見渡せるホテルの最上階にあるレストランでランチ。


スープがとってもおいしかった!
何にでもサワークリーム入ってるよってくらいサワークリーム率が高い!
このスープはトマト味でしたが、前の日に余った材料や冷蔵庫にあるものを
何入れたっていいんだよって言ってました。
サワークリームを入れると少し酸味が出るけどマイルドになります。
クリームほど重たすぎず、いくら入れても大丈夫!
パンも独特の味です。ドッッシリだけどふわふわ。。。説明するのが難しい×
日本に帰ったら作ってみます!


中心部にはない、大きな一軒家が目立ちます。
森の中にたくさんの木々とともに建てられている立派なお家。


バスに乗って、次の目的地へ。
市内の方へ向かう途中にあるカドリオルグ公園で下車。


バロック建築の大きなカドリオルグ宮殿!


アリスに出てきそうな緑のトンネルを通って、


目的地のクム美術館へ。


設計はフィンランド人の建築家。国立美術館です。
常設展は近・現代アート、それとロシアのペインティングの特別展がありました。


顔だけずらーっと並んだこのお部屋はちょっと怖かった。


様々な歴史の背景のなか、芸術家が絵などの表現に感情をぶつけて伝えたり
物語っている作品が多く見られました。
人々の生活も垣間みれます。
どんな生活をしていたのか、絵を通して感じてきました。


この作品は、EUのVISAを取得するためにEU VISAを持っている事を条件に
旦那さんを探すというプロジェクト。壮絶でした。


様々なテレビに流れる映像。
そういえば作品とは関係ないですが、
エストニア語で乾杯は「テレビセックス」でした!!!


暗闇に光る地球儀。


これは上から水が落ちてくるのですが、文字になって降ってきます。
写真撮るのが大変だった!けど、上手にとれた2枚です!


音が面白かったな、カシャカシャいいながらテンポよく水が降ってくるのが
気持ちよくてしばらく見入ってしまいました。
この部屋にいたみんなで、(みんな知らない人だけど)
落ちてくる文字を読んだりして楽しかった!


公園内を散歩してからクム美術館に向かうのがオススメ!


そのあとは街に戻って、また旧市街を歩きたまたま見つけた
デザインミュージアムへ。
建物はこじんまりとしていました。可愛い階段!


1階ではアイスランドの照明の特別展示をやっていました。
アイスランドにもいつか行ってみたい!


民族衣装の展示や、刺繍、セラミック等エストニアの生活雑貨などが展示されていました。
タリンはフェリーで2時間くらいでフィンランドに行けるほど北欧と近く、
デザインはとても似ていました。木の工芸品や北欧雑貨もたくさん見かけました。


木でできたものが多かったです。


近くにある聖オレフ大聖堂!
登ってみる事にしました。
258段の急な階段はなかなかきつかったです。
これは階段の途中に小さな窓からぱしゃり。


まだまだ…途中。


てっぺんの展望台にやっとつきました!
細い〜こわい〜!


最後にこの絶景!
カメラ4台担ぎながらの階段はとても大変でしたが、
この景色のためにがんばってよかった!


下から見上げると本当に大きいんだよ。
塔の一番上はまでは124m!1267年に建立され、1500年代には
なんと159mまであったそう!
展望台からはタリンの街と海を一望できるので体力のある方はぜひ。
荷物が少なめの日に行った方がいいと思います。私はへとへとになりました…


帰り道、おやつを買いに昨日もきたチョコレート屋さんへ♡


マジパン入りのチョコにハマってしまいました!
癖になる味。


ホテルからはタクシーに乗ってバス乗り場へ!


このバスで、次の国ラトビアのリガへ向かいます!
ビジネスクラス!乗車時に、お水とシリアルバーをくれました。


席は広くて快適!BAIBAと私のmacbookair並べてみました。
やはり旅には小さなパソコンに限る!肩こり解消されました。
でもそのおかげでたくさんカメラ持ってきてしまったんだけれども…!

後ろ向きに進む席だったので、blogを書きながら酔ってしまいました。
少しだけ寝てみようと思っていたのに、疲れていたのか思いのほか
がっつり眠りについてしまい、気がついたら国境を越えるところでした。


森の中をひたすら抜けて行きます。
そしてきれいな夕日は見れました!


エストニアからラトビアまではバスで4~5時間くらい!
しかもwifi完備。すばらしい。
一日に何本もバスが出ているので、便利です。夕方の便で出発したので
真っ暗で街があまりわからなかったけどリガのホテルに無事到着。

リガ日記へ続きます!
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ciicic.jugem.cc/trackback/548
TRACKBACK